未分類

光免疫療法の進展がはやすぎて半年前の論文内容が古く感じる.

光免疫療法の開発者である
小林久隆さんの日本語の論文も入手しました。

「がんと化学療法」
2019年1月に出ている雑誌です。

タイトルは
進行頭頚部ガン治療の最前線
「ガンの近赤外光線免疫療法」と言うタイトルです。

内容については
大きく3つです。

1つ目は
光免疫療法の優位点

2つ目は
実際の臨床試験。
現在進行中の
再発頭頚部へん平上皮がんに
対する臨床治験について

3つ目が
免疫抑制剤との併用療法の可能性が
述べられています。

約5ヶ月前の論文ですが
小林久隆さんが
この論文を書かれているのは
おそらく半年以上前だと思います。

半年の間に
光免疫療法とチェックポイント阻害剤の
併用の効果を示した論文が
英語で出ているので
内容的にはあまり新しいものではありません。

逆に言えば
光免疫療法の技術や知見の進歩が
早いと言う事ですね。

この調子で
どんどんと他のガンにも広がってくれればいいです。
3人に1人はガンと診断される世の中ですから。

どんな末期であれ
どんなガン種であれ
光を照射して
おそらく
もう心配いりません。

あとは様子を見ながら
治療しましょう。

なんていう
日が早く来るといいですね。

関連記事

  1. 未分類

    光免疫療法治験第二相のポスター発表 [簡単なまとめ]

    アメリカのシカゴで開かれているアメリカ臨床腫瘍学会 で光免疫療…

  2. 未分類

    膀胱がんに対する光免疫療法で使われた抗体はなに?

    本日膀胱がんで免疫療法として使える抗体が報告…

  3. 未分類

    がん免疫治療の今後の課題を解決するために研究センターが立ち上がる.

    本庶佑さんをセンター長として「がん免疫総合研究センター」が京都…

  4. 未分類

    将来のがん治療に光免疫療法ははずせない. 最新の治験結果の発表. [2019]

    現在日本やアメリカでは光免疫療法の第3相の治験が進んでいます。…

  1. 未分類

    将来のがん治療に光免疫療法ははずせない. 最新の治験結果の発表. [2019]
  2. 未分類

    がん免疫治療の今後の課題を解決するために研究センターが立ち上がる.
  3. 未分類

    光免疫療法の進展がはやすぎて半年前の論文内容が古く感じる.
  4. 未分類

    膀胱がんに対する光免疫療法で使われた抗体はなに?
  5. 未分類

    光免疫療法治験第二相のポスター発表 [簡単なまとめ]
PAGE TOP