• 未分類
  • 最終更新日: 2019.05.21

将来のがん治療に光免疫療法ははずせない. 最新の治験結果の発表. [2019]

現在
日本やアメリカでは
光免疫療法の第3相の治験が進んでいます。
対象は頭頚部ガンと食道ガンです。

これは第二相での結果を踏まえてなのですが
これまで第二相の結果は
あまり報道されていませんでした。

2019年5月31日から
シカゴであるアメリカ臨床腫瘍学会で
アメリカで行われていた治験
第二相の結果が発表されます。

合わせて
光免疫療法と従来の治療法の比較も
発表されるとのことです。

発表は現地時間の6月1日午後になります。

アメリカ臨床腫瘍学会の抄録を見る限り
光免疫療法のすごい効果がかかれています。

約86%の方で
何らかの治療効果が出ているそうです。

さらに
驚くことに
これらの患者さんは
すでに抗ガン剤などが効かなくなった
再発した頭頚部ガンの患者さんたちばかりです。

人数が30人と少ないので
今後もっと人数を増やし
どれほどの効果なのかが気になります。

さらに先月
論文として発表されているように
チェックポイント阻害剤と
光免疫療法の
組み合わせであれば
なおさらより高い効果が期待できます。

将来のがん治療は
光免疫療法抜きでは考えられません。

関連記事

  1. 光免疫療法以外にも新しいがん治療法が続々と育っている [20…

  2. 腸内環境が 光免疫療法の効果 に関わる可能性.

  3. 膀胱がんに対する光免疫療法で使われた抗体はなに?

  4. 脳腫瘍などでも 光免疫療法 をつかうためには.

  5. がん治療としてiPS細胞を使う. 心配な2つのこと

  6. がん免疫治療の今後の課題を解決するために研究センターが立ち上…