光免疫療法治験第二相のポスター発表 [簡単なまとめ]

アメリカのシカゴで開かれている
アメリカ臨床腫瘍学会 で
光免疫療法の
臨床試験第2相のポスター発表がされました。
2019年6月1日。

おおよそは
抄録に記載されていた通りでした。

光免疫療法が
30人の頭頚部ガンの患者さんに対して行われました。

結果的に43%の反応率がありました。

このうち4人は完全に治り
9人については部分的に改善しました。

ただし
30人中13人の患者さんでは
副作用が認められ
そのうち3人においては
明らかに光免疫療法による副作用でした。

今後
頭頚部ガンの患者さんに対して
光免疫療法の第3層が国際的に行われます。
アメリカ、ヨーロッパ、アジアの国で
275人程度を治験に予定しています。

アメリカの治験情報サイト

光免疫療法で見られた副作用については
BBIの方で記載しました。

まとめとして
あまり目新しい発表はなかった印象です。
抄録どおりの内容でした。

関連記事

  1. 膀胱がんに対する光免疫療法で使われた抗体はなに?

  2. 光免疫療法の進展がはやすぎて半年前の論文内容が古く感じる.

  3. 将来のがん治療に光免疫療法ははずせない. 最新の治験結果の発…

  4. がん免疫治療の今後の課題を解決するために研究センターが立ち上…

  5. 光免疫療法以外にも新しいがん治療法が続々と育っている [20…