• 未分類
  • 最終更新日: 2020.02.11

光免疫療法以外にも新しいがん治療法が続々と育っている [2020年]

光免疫療法は
これまで「免疫療法」という位置づけでした。
ただし
光免疫療法に「光」がついているのには
光を利用する特性がある治療法だからです。

現在
光に限らず
超音波や中性子線などの
エネルギーを
ガンの患部にだけ当てることで
ガンを治療してしまおうという方法が
いろいろ出てきました。

これは
すごいことです。

免疫療法とはまた違い
これらが
第5番目のがん治療法として
育ってきました。

2019年、
2020年には
「液体のり」の成分が
がんの治療に効果的と言う
ニュースが流れました。

光免疫療法も
現在
世界中で治験が進んでいます。
光免疫療法に限らず
これらの第5番目のガン治療法も
調べていきます。

関連記事

  1. 脳腫瘍などでも 光免疫療法 をつかうためには.

  2. 光免疫療法の進展がはやすぎて半年前の論文内容が古く感じる.

  3. がん免疫治療の課題を Ai が解決できるか?

  4. 光免疫療法 が 2021年より早くに使える [早期承認制度の…

  5. ガンの治療法を選ぶ3つのステップ [標準療法が最適とは限らな…

  6. がん治療としてiPS細胞を使う. 心配な2つのこと