免疫療法はどのようにしてがんに効くのか?

免疫系とは
体の中に入ってきた異物を
認識して、
攻撃する細胞たちから成り立ってます。

免疫細胞は
全身いたるところに
分布して
全身のパトロールをしています。

一方、
がん細胞は
免疫系をうまく
かいくぐって
生き延びます。

ガンのある方では
免疫細胞は
ガンの周辺や
ガンの内部にも
見られます。

免疫細胞が
なんかこの辺りは
「怪しい」と
感じているのです。

しかし
免疫細胞は
「がん細胞」は
怪しい細胞だとはわかっていても
まだ異物だと
断定ができない状態です。

どうして免疫細胞は
がん細胞を異物だと
ハッキリと断定できないのでしょうか?

がん細胞が
免疫細胞の攻撃から逃れるために
「3つの方法」を使っているからです。

1つ目のがん細胞の方法です。
特徴言い換えてもいいでしょう。

がん細胞の中の遺伝子は
高頻度で変異が起こっています。
また
タバコ、薬剤など
外の環境に応じて
遺伝子レベルで
変化します。

すると
遺伝子から翻訳されてくる
「タンパク質」にも
構造上の違いが現れます。
つまり
同じがん細胞であっても
昨日と今日のがん細胞は
違う「顔」を持っていることがあるのです。

そのため、
免疫細胞は
この細胞を同じ「がん細胞」だと
認識できなくなるのです。

免疫療法はどのようにしてがんに効くのか?

免疫療法の種類は?

免疫療法は何のがんに効くのか?

免疫療法はどのようにして受けるのか?

免疫療法はどこで受けるのか?

免疫療法はどの程度の頻度で受けるのか?

免疫療法が効いているかどうかはどのようにしてわかるのか?

免疫療法の最新の動向は?

免疫療法の治験を受けるにはどうするのか?