光免疫療法の治験を アメリカでうけれる可能性

楽天メディカルが
光免疫療法の
実現を早くするために
動きました。

アメリカのもっとも大きい
ガン病院との
共同研究を発表しました。

2020年6月8日

楽天メディカル社は6月5日、
米国テキサス大学
MDアンダーソンがんセンターと、
新たながん治療に向けた
共同開発を目的とした
戦略的アライアンス契約を締結したと発表した。
光免疫療法で、
頭頚部がんを対象として開発中の
ASP-1929
(一般名:
セツキシマブ サロタロカンナトリウム)について、
試験デザインや併用療法、
対照患層などを協議し、
開発加速を目指す。

ミクスオンラインより引用
https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=69399

MD Andersonがんセンターの様子

MD Anderson がんセンターは
私の留学先でもありました。

とにかく、
大きくて
歩くだけで
病院内は迷子になります。
(実際になりました。)

患者さんは
世界中から
がん治療のために
この病院に来ていました。

日本語も含めて
いろいろな世界中の言葉
聞こえてきました。

特に
よく見かけたのが、
アラブ系の大富豪っぽい人たちです。

一泊
100万ともいわれる
部屋にとまって
治療をしていたのでしょう。

こんなに大金を払えるのは
もちろん一部の人たちだけです。

病院の周りには
ホテルが複数あり、
病院で治療や検査をする人
または
その家族が利用しやすくなっています。

ホテルのロビーでは
毎日、
ピアノの生演奏会が開かれていました。

歩いて数分の場所には
水の流れるきれいな壁があります。
夜にはライトアップされ
不思議な空間になります。

MD Anderson がんセンターと組む利点1

症例数は
世界一であることは
当然ですが、
満足度、
働きたいランキングなど
いずれも
全米一番です。

光免疫療法を単独で行うよりも
抗がん剤や
手術
放射線と
組み合わせた方が
より効果が高いことが徐々にわかってきました。

ガンそれぞれの
種類、
進行度など
症例数が多いだけに
光免疫療法との
「併用療法の効果」が早くにわかるはずです。

光免疫療法の治験や先端医療への期待

MD Andersonがんセンターは
スタッフも
世界中の言葉にふれているため、
外国からの患者さんの対応に慣れています。

最先端の医療を
取り入れるはずですし、
まだ適応されていない「治験」が
今後行われる可能性も高い
と思います。

日本からの受け入れも
もちろん 
するはずです。

光免疫療法が
現実の治療法として
大きく前進しています。